ジュエルレイン,口コミ,効果

睡眠とニキビの関係性について|【ジュエルレインで美肌に】

 

 

睡眠不足が続いて肌トラブルが・・・という方もいらっしゃるかと思います。
睡眠とニキビの関係を分析し、肌荒れと無縁の美肌を手に入れる方法を解説していきます。ニキビ予防のファーストステップは、睡眠リズムの改善にあります!

 

 

「睡眠不足が肌に良くない」というのは、もはや常識レベルです。
それも、単に肌荒れを起こすといったレベルではなく、慢性睡眠不足はニキビに直結してしまいます。

 

基本的にダメージを受けた肌は睡眠中にケアしていきますから、睡眠リズムが乱れれば肌のケア力は大きく低下します。さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

 

 

睡眠不足が肌に大きなダメージを与えるのは上述したとおりですが、かといって長時間寝れば良いというわけでもありません。なぜなら、肌の新陳代謝が活発に行われるのが、入眠から3〜4時間になるからです。ニキビ予防を主眼にするなら、寝る時間を増やすことより、入眠後に熟睡し、質の良い眠りを目指すほうが合理的になります。

 

睡眠には、脳が活動している浅い眠りであるレム睡眠、脳を含めて完全に熟睡しているノンレム睡眠の2つがあります。このうち、肌のターンオーバーが行われやすいのはノンレム睡眠の時間になります。ですから、肌トラブル改善を考える上での「質の良い眠り」というのはノンレム睡眠をしっかり取ることを指しています。

 

入眠から3〜4時間の、もっとも肌のケアが活発な時間帯にどれだけ深く眠れるかが、ニキビ予防の根幹であるといっても過言ではないのです。